Instrument

楽器について

ケーナ とは

南米アンデス地方の縦笛で、リコーダーのような吹き口はありません。素材は竹や
木などで作られていて、表に6つ裏に1つの穴が開いています。
吹き口はU字形に切り込まれていて、そこに息を吹き込んで唇の当てる位置や
息遣いで表情をつけます。発見された古い物では、人間や動物の骨で作られていたと言う話も。ペルーやアルゼンチンの音楽でもよく登場します。それでも最も盛んにケーナを演奏しているのは世界で1番標高の高い場所に位置する国、ボリビアです。
山や森に響き渡るようなとても澄んだ音色がします。

⇒ ケーナってどんな音?

 

サンポーニャ(シーク)とは

こちらも南米アンデス地方でよく用いられている楽器のひとつです。葦でできた管を
束ねて音階を作り出しています。束ねた管は元々2列あり、アンデス地方では田舎の
お祭りに使われていた楽器です。現代音楽に対応するため半音を含めた3列を束ねたものもあり、ジャズも演奏できるくらい少しずつではありますが広がりをみせてきています。
嗄れたとても力強い、しかし風のような優しい音がします。

⇒ サンポーニャってどんな音?

 

 

チャランゴ とは

アンデス地方のフォルクローレで使用されるウクレレほどの小さな弦楽器です。
しかし似ているのはサイズだけで、構造や素材はまるで違います。元はアルマジロの
身をくり抜いた甲羅に10本の弦を張って演奏するものでした。最近ではアルマジロは
絶滅危惧種なので、丸太をくり抜いてできたチャランゴがほとんどです。
キラキラとしたとても楽しい音がします。

⇒ チャランゴってどんな音?






ボンボ とは

アンデスの音楽にはかかせないパーカッションです。
毛が生えたままのリャマやアルパカなどの動物の皮がそのまま張ってあり、
太鼓の大きさは実に大小さまざまな物があります。
中にはサンポーニャ(シーク)を片手で持ちながらメロディーを吹き
もう片方の手でボンボを叩いてリズムを刻みながら演奏できる人もいます。

⇒ ボンボってどんな音?

 

チャフチャス とは

山羊やリャマ、アルパカなどのいろいろな爪がたくさん束ねてあります。
手や足に付けてふって音を出すアンデスのパーカッションです。

⇒ チャフチャスってどんな音?